'."\n";?> くせ毛対策4つの秘訣とは!?

くせ毛対策



くせ毛を直す方法がきっと見つかります

くせ毛最大の悩みは何でしょうか?

パサつきやすい、うねりやすい、湿気で広がる。つまり、「くせ毛の悩み=ヘアスタイルが決まらない」ではないでしょうか。好みのヘアスタイルを楽しめないということも含むでしょうか?

くせ毛の原因は、その多くが遺伝的なものだと言われます。しかし、あなたのくせ毛はあなた自身が作り出しているのかもしれません。

あなたのくせ毛は、扱い方を少し変えてあげるだけで、すんなり言うことを聞いてくれる素直な髪へと変わる可能性もあるのです。

このサイトでは、毎日くせ毛の悩みを解決するための知識と情報を提供しています。

> 是非一度試して頂きたいオススメのシャンプー

くせ毛対策の4つの決め手

くせ毛対策は、大まかに言えば下記の4つになると考えられます。

@縮毛矯正
くせ毛の解消法としての選択肢のひとつが縮毛矯正です。いったん矯正すれば、矯正した部分に関してはくせ毛になることはありません。しかし、残念なことに人間の髪の毛は伸びてしまうので、根元はくせ毛になりますし、生え変われば再び矯正する必要があります。

また、縮毛矯正は費用がかかるため、生え替わるたびに矯正するのは、あまりお勧めできない選択肢です。

髪を傷めやすい欠点もあります。縮毛矯正は一時しのぎに過ぎない方法かもしれません。

Aブローのスキルを身につける
プロの美容師のブロースキルを、見よう見まねで覚えるという方法があります。ただし、クセに逆らわずにスタイリングするとか、クセをうまく隠すといったスキルを持った美容師を探すのに少し手間取るかもしれません。

Bヘアアイロンでくせ毛を直す
ヘアアイロンを使えば、大抵のくせ毛はストレートにしたり、ある程度まで好みの形にしたりすることができます。

但し、髪を傷めるリスクが少しあることや、湿気の高い日に崩れてしまうという欠点を解消することができません。

Cくせ毛を活かしたヘアスタイルを見つける
くせ毛を個性として、修正を加えない方法です。但し、ぱさついたままでるとか、まとまりにくいといった問題が残る人もあるでしょう。そこを何かで補いながら自分に似合うヘアスタイルを見つけるという選択肢です。

ショートヘアがいいのか、ロングを束ねる形がいいのか、部分的にパーマをあてると綺麗な形ができるのか、これらは個人によって変わります。顔の形・大きさ・額の広さといった特徴も考慮しながら、最適な形を見つけることも大事な選択肢です。

美容師の助言なども得ながら、くせ毛をメリットと考えて活かす道を探しましょう。

スポンサードリンク